B-04 年齢による違い


今回は適性の中でも年齢に関する適性についてです。
年齢の高いインテリアコーディネーターの有利な点と不利な点を比較してみましょう。

☆有利な点☆
・ 生活経験が豊かでクライアントに信頼される。
・ 細かい気配りや面倒見のよさが若い人よりあり、コンサルティングに適している。
・ 即戦力となる。
☆不利な点☆
・ 就職が難しい(募集の年齢制限)。
・ 仕事への対応が若い人より遅くなりがち。
・ 肉体的に厳しい。
・ 家庭との両立が難しい。

このように、もちろん不利な点もありますが、インテリアコーディネーターという職業は、年齢が高くても逆に、生活経験の豊富さという点から、クライアントに信頼感を持たれる傾向があります。
つまり、インテリアコーディネーターは他の職業に比べて年齢的なハンディは非常に小さい職業であるといえるでしょう。

■今回のキーワード■
「生活経験が豊か」
「信頼感」

A-インテリアコーディネーターとは
A-01 インテリアコーディネーターとは
A-02 インテリコーディネーターの必要性
A-03 現代の住宅・インテリア事情
A-04 インテリアコーディネーターに求められる知識
A-05 インテリアコーディネーターに求められる技術
B-インテリアコーディネーターの適正
B-01 インテリアコーディネーターの適性
B-02 適性チェック1
B-03 適性チェック2
B-04 年齢による違い
B-05 男女の比較
C-インテリアコーディネーターと建築
C-01 インテリアコーディネーターと建築
C-02 建築分野への進出
C-03 建築分野の知識
D-インテリアコーディネーターの勤務形態
D-01 インテリアコーディネーターの勤務形態
D-02 インテリアコーディネーターの勤務形態?正社員?
D-03 インテリアコーディネーターの勤務形態?契約社員?
D-04 インテリアコーディネーターの勤務形態?派遣社員?
D-05 インテリアコーディネーターの勤務形態?アルバイト?
D-06 インテリアコーディネーターの収入
D-07 インテリアコーディネーターの活躍の場
E-資格取得とは
E-01 インテリアコーディネーター資格試験とは
E-02 資格の必要性
E-03 インテリアコーディネーターの資格の生かし方
F-試験データ
F-01 インテリアコーディネーター資格試験の概要
F-02 試験の期日と会場
F-03 受験の流れ
F-04 受験手続
F-05 過去の試験データ
G-一次試験
G-01 一次試験の内容
G-02 インテリア商品と販売の基礎知識の代表的試験内容
G-03 インテリア計画と技術の基礎知識の代表的試験内容
H-二次試験
H-01 二次試験の内容
H-02 論文試験について
H-03 プレゼンテーション試験について
I-インテリアコーテ?ィネーター資格試験の勉強方法
I-01 勉強方法の選択@
I-02 勉強方法の選択A
I-03 試験勉強の計画@
I-04 試験勉強の計画A
I-05 試験勉強の計画B
J-一次試験の勉強法
J-01 一次試験は暗記がポイント
J-02 一次試験突破の決め手@ 緻密な学習
J-03 一次試験突破の決め手A キーワード学習
J-04 一次試験突破の決め手B 実践学習とフィードバック
K-二次試験の勉強法
k-01 二次試験の配点
k-02 論文試験の勉強は実践がポイント
k-03 論文試験注意点 字数不足、字数超過
k-05 論文試験注意点 インテリアコーディネーターとして不適な態度で書かない
k-06 論文試験注意点 論文の基本
K-08 プレゼンテーション試験のポイント「要求図面の一部が白紙、未完の状態は避ける」
K-09 プレゼンテーション試験のポイント「課題に確実に答える」
K-10 プレゼンテーション試験のポイント「インテリア、建築の製図規則を守る、シンプルで見やすい図面を描く」
K-07 プレゼンテーション試験のポイント
k-04 論文試験注意点 課題に的確に答える
M-合格そしてキャリアアップ
M-01 業界へ入る
M-02 新たに業界に入るルート@
M-04 関連資格
M-03 新たに業界に入るルートA
リンク
リンク集1
リンク集2
アフィリエイトサービス